surfaceを買取してもらう際に気を付けたい5つの注意点

個人で物を売り買いする機会が増えました。不要になった物は捨てるのではなく、買取してもらうことができるようになっています。まだ使える製品であれば、少しでも高く売って次の資金に回しましょう。例えばsurfaceを処分したい場合、まずはいくつかのお店で相談してみましょう。廃棄するのはいつでもできます。

捨てる際は法律やルールに従いましょう

パソコン類は、勝手に捨ててはいけません。法律的にリサイクルが義務付けられているからです。とはいえ現状においてsurfaceなどのタブレットはグレーゾーンです。

例えばリサイクルシールが貼られていれば、買ったお店などに引き取ってもらいましょう。貼られていなければ、原則は不燃物扱いです。自治体のルールに従って廃棄しましょう。最近は小型家電をリサイクルする自治体が増えています。

surfaceを買取してもらう際の注意点

surfaceを処分する際、まだ十分に使える状態であれば、中古品を扱うショップへ持ち込んで買取してもらいましょう。とはいえその場合には、いくつかの注意点があります。それによって値段が大きく変わることも珍しくありません。

1.どこへ売るかで値段が変わる
比較的高価で買取してくれるお店は、地方にあるパソコンショップかもしれません。目利きの店員さんがいるため、細かい部分までチェックしてもらえます。動かないsurfaceであっても、パーツとして買取してくれることがあります。

一方で大手買取店だと情報漏洩を含めたリスクが下がります。多少買値が低くても、信用と考えれば納得できるでしょう。もちろん他にも家電類や家具など売りたい物があれば、リサイクルショップが便利です。

2.データ整理しておこう
最近は個人情報の漏洩が心配です。情報端末を手放す場合には、データを整理しておきましょう。もちろん物理的破壊が最も安全です。とはいえそれだと機器として売れません。そういう意味でも信頼できるショップを探しましょう。

一方で自分のデータはハードディスクやCD、DVD、USBメモリなどに保存しておきましょう。最近はネット上でのストレージサービスもあります。大切なデータは複数の場所に保管しておくことをオススメします。

3.パーツは揃っているか
買取価格に関係するのは付属パーツ類の有無です。読む人は少ないでしょうが、取扱説明書が揃っていないと買値に影響します。またケーブル類もないと買ってもらえません。

一方で自分で追加した外付け機器は外しておきましょう。もちろん合わせて売却することもできますが、データが残っていないことを確認しましょう。後からインストールしたソフトやダウンロードしたアプリなども消しておきましょう。

原則は、買った時の状態に戻すことです。そのため初期化するのがベストです。

4.売り時も大切な要因です
surfaceはいつでも売れますが、やはり売り時があります。もちろん一番の売り時は、自分が処分したい時です。買い替えするのであれば、多少値が低くても納得できるでしょう。

とはいえ時間的余裕があれば、相場をチェックして高値になる時を探しましょう。一般的に需要が生まれるのは春です。新社会人や学生が中古品を欲しがるからです。

ただし引っ越しシーズンは、皆が売りに出します。買取価格が下がることもあるので注意しましょう。

5.信頼できるネットサイトを選ぼう
実店舗を構えるお店であっても、ネットサービスが当たり前になっています。売りたい物を梱包して送ることが可能になっています。便利ですが、途中で傷が付いたりしないようにしましょう。それで買値が下がることが多々あります。

また信用できるサイトを選びましょう。物を送っても入金されないトラブルは、今でも多くあります。さらに法外な手数料や仲介料を請求するパターンもあります。

サイトを選ぶ場合には、金額だけを重視してはいけません。初めての人なら、やはり誰もが知る超有名なサイトやお店にお願いしましょう。

買いたい人の気持ちを考えよう

簡単に物が売れる時代ですが、売り方によって価格に差が出ることも珍しくありません。少しでもsurfaceを高く買取してもらうためには、細心の注意を払いましょう。基本的な考え方は、買いたい人の気持ちになることです。もちろん個人情報の流出には気を付けましょう。